マーケティングBLOG

生成AI動画

生成AI動画のおすすめツールと使い方完全ガイド

2024年6月20日

Share

  • Xでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEで送る

導入実績700サイト以上!!
「カスタメディア」の事例ダウンロードは
こちら

事例集をダウンロードする(無料)

生成AI動画を使った動画制作の全手順について解説します。生成AIとは、人工知能を活用して動画を自動的に生成する技術のことです。生成AIを使えば、手軽に魅力的な動画コンテンツを作成できます。動画制作に興味がある方やマーケティング担当者にとって、生成AIは非常に魅力的なツールと言えるでしょう。

まずはじめに、生成AI動画を作成するためのおすすめツールを紹介します。次に、それぞれのツールの使い方や特徴について詳しく説明します。その後、実際に生成AIツールを使って動画を作成する手順を順を追って説明します。これにより、動画制作の初心者から中級者までの方々が、簡単に生成AIを活用した魅力的な動画コンテンツを制作できるようになるでしょう。

\ 低価格・短納期で構築を実現! /

AI活用SaaS/プラットフォーム 構築サービス

生成AI動画とは

生成AI動画とは、人工知能(AI)を利用して動画を自動的に生成する技術のことです。通常の動画制作では、撮影や編集作業に多くの時間と労力が必要ですが、生成AIを活用することで、効率的に魅力的な動画コンテンツを作成することが可能となります。

生成AI動画は、テキストや画像などの入力データをもとに、自動的に動画を生成します。例えば、商品紹介やプロモーション動画、教育コンテンツなど、さまざまな用途で活用されています。生成AIを活用することで、手軽にクオリティの高い動画を制作することができ、特に個人クリエイターや小規模事業者、マーケティング担当者にとっては有用なツールと言えます。

生成AI動画の技術は日々進化しており、多くのツールが市場に登場しています。これにより、誰もが手軽に生成AIを活用して動画制作を行えるようになっています。生成AI動画の基本的な仕組みや利点、活用方法について理解したうえで、それぞれのツールの特長や使い方についても詳しく知っておくことが重要です。

生成AI動画の定義

生成AI動画の定義について、以下のように説明することができます。生成AI動画は、人工知能(AI)を活用して、テキストや画像などの入力データから自動的に動画を生成する技術です。この技術を用いることで、手軽に魅力的な動画コンテンツを制作することが可能となります。

生成AI動画のメリット

生成AI動画のメリットには、以下のような点が挙げられます。まず、手軽に魅力的な動画コンテンツを制作できることが大きな利点です。また、制作時間や労力を大幅に削減できるため、効率的なマーケティングツールとして活用できます。さらに、多くの生成AIツールは利用しやすいインターフェースを備えており、専門知識がなくても利用可能です。

生成AI動画のデメリット

生成AI動画のデメリットについて考えてみましょう。まず一つ目の点として、生成AIを使用して作成された動画は、時にクオリティや表現力の面で人の手による動画に劣ることがあります。人間の感性や判断力を持つAIはまだ開発途上であり、完璧な動画を作成することが難しい場合もあります。

また、生成AIはある程度のデータやコンテンツを元に動画を生成するため、完全なオリジナリティや個性を持つ動画を作成することは難しいという点も考慮すべきでしょう。

さらに、生成AIを利用するためには、適切な学習データや入力情報が必要となります。データの質や適切な入力情報がない場合、生成される動画の品質が低下する可能性があります。

ただし、これらのデメリットは技術の進化や改善によって解消されつつあり、生成AI動画の利用価値は日々高まっています。総合的に、デメリットに対する解消策や改善が進められつつあるため、生成AI動画の可能性に期待することもできるでしょう。

\ 低価格・短納期で構築を実現! /

AI活用SaaS/プラットフォーム 構築サービス

生成AI動画ツールの選び方

生成AI動画ツールの選び方について見ていきましょう。

まず、選ぶ際に重要なのは使いやすさです。インターフェースや操作性がシンプルで直感的なツールを選ぶことが大切です。次に、豊富なテンプレートやカスタマイズの幅も重要です。自分のブランドやコンテンツに合ったテンプレートが豊富なツールを選ぶと効率よく動画制作ができます。また、生成AIの精度や出力品質もチェックポイントです。精度や品質が高いツールを選ぶことで、プロフェッショナルな動画コンテンツを制作できます。

さらに、使いやすさやテンプレートの種類だけでなく、価格や利用契約の条件も考慮すべきです。自分の予算や利用頻度に合ったプランを提供しているか、無料トライアルやパッケージの柔軟性なども確認すると良いでしょう。こうしたポイントを踏まえながら、自分に最適な生成AI動画ツールを選ぶことが重要です。

用途に合わせたツール選び

用途に合わせたツール選びについて詳しく見ていきましょう。

まず、動画の用途に応じてツールを選ぶことが重要です。たとえば、SNS用の短いプロモーション動画を作成したい場合は、テンプレートが豊富で簡単に編集できるツールが適しています。一方、ウェブサイトのバナー動画やYouTubeチャンネル用のコンテンツを制作したい場合は、映像や音声のカスタマイズができるツールを選ぶことが重要です。

また、自然なナレーションやプロフェッショナルな字幕挿入が必要な場合は、それに特化した機能を備えたツールを選ぶと効果的です。一方で、効果音やエフェクトが重要なコンテンツには、それらを充実させたツールを選ぶことがポイントです。

さらに、目指す視聴者層に合わせてツールを選ぶことも大切です。例えば、若年層向けの動画を作成する場合は、ポップでアクセスしやすいテンプレートやエフェクトが充実しているツールが適しています。逆に、ビジネス向けの動画を制作する場合は、シンプルでプロフェッショナルな雰囲気の演出ができるツールを選ぶと良いでしょう。

必要な機能

生成AI動画ツールを選ぶ際に、必要な機能として以下のポイントが挙げられます。まず、豊富なテンプレートが必要です。多彩なテーマやスタイルのテンプレートが揃っていると、幅広いジャンルやコンセプトの動画制作が可能となります。次に、カスタマイズ性の高さも重要です。ロゴやカラースキームの変更、テキストの編集など、細かい部分まで柔軟にカスタマイズできるツールを選ぶと、オリジナリティのある動画が制作できます。さらに、AIの精度や自然な動きの生成が必要です。自然なアニメーションや音声合成など、高度な技術を駆使して自然な動画を生成できるツールを選ぶことで、視聴者に魅力的な動画体験を提供できます。

また、出力品質の高さも重視すべき機能です。解像度やフォーマットの柔軟性、プロフェッショナルレベルの仕上がりが期待できるツールを選ぶことで、高品質な動画コンテンツが制作できます。これらの機能をしっかりと備えた生成AI動画ツールを選ぶことで、効率的かつ魅力的な動画制作を実現できるでしょう。

予算とコスト

予算とコストについて考えてみましょう。生成AI動画ツールの利用には、様々な価格帯や利用条件があります。まず最初に自分の予算内で利用可能なツールを探すことが大切です。無料トライアルを利用して実際に操作してみて、自分のニーズに合っているかどうかを確認するのも良い方法です。次に、利用頻度やプロジェクト規模に応じて契約プランを選ぶことが重要です。一般的に、利用頻度が高い場合は月額固定料金制のプランがお得です。また、柔軟なプラン変更や追加オプションがあるかも確認しておくと安心です。コスト面だけでなく、付加価値やサポートの充実度も重要なポイントです。料金だけでなく、サポート体制や提供される価値にも注目して、継続的な利用を見据えてプランを選びましょう。

日本語対応の有無

日本語対応の有無について考えてみましょう。

もし、日本語での動画制作を行いたいのであれば、生成AI動画ツールが日本語に対応しているかを確認することが大切です。日本語対応のツールであれば、日本語の文章やキャプションを正確に認識し、適切な字幕やテキストを挿入することができます。これにより、日本語を使用した動画コンテンツをスムーズに制作することができます。

また、日本語に対応しているツールであれば、日本語の発声やアクセントにも対応している可能性が高くなります。これにより、日本語を使用したナレーションや音声合成もより自然に聞こえるものにすることができます。

日本国内での動画コンテンツ制作においては、日本語対応の有無は非常に重要なポイントとなります。そのため、生成AI動画ツールを選ぶ際には、日本語対応の有無をしっかりと確認することをおすすめします。

商用利用の可否

商用利用の可否について、生成AI動画ツールを選ぶ際には非常に重要なポイントです。まず、各ツールの利用規約やライセンスに目を通すことが必要です。商用利用を目的とする場合は、それが明確に許可されているかどうかを確認しましょう。ライセンスに関する情報は、ツールの公式ウェブサイトや利用規約ページなどで確認できます。

商用利用が明示的に認められているツールもあれば、個人利用に限定されているツールもあります。また、一部のツールでは商用利用には別途ライセンス購入が必要な場合もあります。このため、自身の目的に合った条件を満たすツールを選ぶことが重要です。

商用利用が認められているツールであれば、自社のプロモーション動画や広告作成などの用途で活用することができます。逆に、非商用利用に限定されている場合は、そのような目的で利用することができないため、利用許諾について注意深く確認することが必要です。商用利用の可否は、ツール選びの重要なポイントの一つと言えます。

\ 低価格・短納期で構築を実現! /

AI活用SaaS/プラットフォーム 構築サービス

おすすめ生成AI動画ツールの紹介

おすすめ生成AI動画ツールの紹介について解説します。生成AI動画を作成する際に役立つツールを紹介することで、動画制作の手間を大幅に軽減できます。おすすめのツールには、A、B、Cといった具体的なツール名を挙げてその特長や使いやすさを紹介します。それぞれのツールについて、どんな動画に向いているか、どのような編集機能があるか、そして料金体系や利用にあたっての注意点などを詳細に解説します。これにより、読者は自身のニーズに合った最適な生成AI動画ツールを選ぶことができるでしょう。

Pictory

(画像引用:https://pictory.ai/?el=2000&htrafficsource=pictoryblog

Pictoryは、手軽に使えるインターフェースと高度な生成AI技術を融合した動画制作ツールです。このツールは、クリエイターがストーリーボードや音楽といった要素を指定するだけで、自動的に魅力的な映像を生成することが可能です。

Pictoryの使いやすさはその最大の魅力の一つであり、初心者でも扱いやすいインターフェースを備えています。また、多彩なテンプレートやフィルター、効果音などの豊富なライブラリーがあるため、柔軟な動画制作が可能です。

また、PictoryはAIが進化するにつれて、自動的にアップデートされるため、最新の技術を常に取り入れた動画制作が行えます。この点も、Pictoryをおすすめの生成AI動画ツールと位置づける理由の一つです。

総合的にPictoryは、使いやすさと高度なAI技術の融合によって、多くのユーザーに愛用されています。そのため、Pictoryは生成AI動画制作を手掛ける方々にとって価値のあるツールであると言えるでしょう。

Synthesia

(画像引用:https://www.synthesia.io/

Synthesiaは、リッチな表現力と高度なカスタマイズ性で動画制作をサポートする生成AI動画ツールです。このツールは、テキストを入力するだけで、自然な動きとリアルな表情を持つキャラクターが文章をナレーションする動画を作成することができます。

その特長の1つは、多言語に対応しており、世界中の視聴者にアプローチするための手段として活用できる点です。また、豊富なアバターやバックグラウンドのライブラリを備えており、幅広いジャンルやコンセプトに対応した動画制作が可能です。

さらに、音声のカスタマイズや編集、字幕の追加など、細かな部分まで柔軟に調整できる点も魅力的です。一方で、高度な機能を利用する場合には、一定の学習曲線が必要となるため、初心者にとっては使いこなすまでに時間がかかるかもしれません。Synthesiaは、テキストから魅力的な動画コンテンツを生み出すことができるため、特にストーリーテリングや商品プレゼンテーションなど、文章の力を最大限に引き出したいシーンで活用価値が高いツールと言えるでしょう。

InVideo

(画像引用:https://invideo.io/

InVideoは使いやすさと豊富なテンプレートが特長の一つです。動画制作に必要な基本的な機能が網羅されており、フレキシブルなカスタマイズが可能です。また、低価格で高品質な動画を制作できる点も魅力的です。InVideoを使えば、プロフェッショナルな動画編集の知識がなくても、クオリティの高い動画を制作することができます。動画制作の初心者にもオススメのツールです。

Lumen5

(画像引用:https://lumen5.com/

Lumen5は、テキストや記事を入力するだけで、それを元に自動的に魅力的な動画を生成することができるツールです。

まずはじめに、利用者はテキストやURLを入力し、動画にしたい文章を指定します。次にLumen5が用意したテンプレートや音楽、画像を選択し、テキストの配置やデザインを編集します。これにより、専門知識や高度な技術を持たない利用者でも手軽に動画を作成することができます。Lumen5はビジネスやプロモーション、SNS投稿など、多岐にわたるシーンで活用できます。また、使いやすいインターフェースや豊富なライブラリーが利用者に好評です。ただし、無料プランでも制限事項がありますので、詳細を把握した上で適切に活用することが重要です。

Runway Gen-2

(画像引用:https://research.runwayml.com/gen2

Runway Gen-2は、使いやすさと高品質な動画生成機能が特長の生成AIツールです。ユーザフレンドリーなインターフェースと豊富なテンプレートから、多彩な動画コンテンツを簡単に作成できます。さらに、自然なモーションや高度なカスタマイズ機能で、プロフェッショナルな仕上がりを実現。動画マーケティングやプロモーション動画作成に最適です。初心者でも扱いやすい点が魅力的です。

\ 低価格・短納期で構築を実現! /

AI活用SaaS/プラットフォーム 構築サービス

生成AI動画の活用方法

生成AI動画の活用方法について、具体的な事例やアイディアをご紹介します。生成AIを活用する最も一般的な方法は、商品プロモーションやサービス紹介のための動画作成です。例えば、新商品の魅力を伝えるプロモーション動画や、サービスの特長を分かりやすく説明する動画など、ビジネスのマーケティングに欠かせないコンテンツと言えるでしょう。

また、SNSやYouTubeなどの動画プラットフォームに投稿するためのコンテンツとしても生成AI動画は活用されています。特に、短いインパクトのある動画コンテンツを多くの視聴者に届けたい場合、生成AIは効果的なツールとなります。

さらに、生成AIを使って特定のテーマに沿った動画シリーズを制作することも可能です。例えば、教育コンテンツやビジネス向けのインフォグラフィック動画など、特定の分野に特化した動画コンテンツを大量に作成する場合、生成AIは大きな助けとなるでしょう。いずれにしても、生成AIを活用する際には、コンテンツの質や効果を検証し、適切に活用することが重要です。

マーケティングに活用


生成AI動画はマーケティング活動において多岐にわたる方法で活用することができます。まず、SNSやウェブサイトでの広告やプロモーション動画として利用することで、商品やサービスの魅力的な魅力的な特長をアピールすることが可能です。また、特定のターゲット層に訴求する動画広告を効果的に展開する手段としても有効です。

さらに、ブランディング活動においても生成AI動画は有用です。ブランドのビジョンやストーリーを伝える動画コンテンツを大量に制作する上で、生成AIは重要な役割を果たすことができます。また、定期的に顧客に向けて配信するコンテンツや、新商品やキャンペーンの紹介動画などを効率的に制作するためにも生成AIは大いに役立ちます。

生成AIを活用することで、素早く多様な動画コンテンツを制作し、マーケティング戦略を強化することができます。ただし、より効果的に活用するためには、ターゲット層の属性や動画コンテンツに対する反応などをしっかりと分析し、戦略の最適化を図ることが重要です。

教育・トレーニングに活用

教育・トレーニングに活用するための生成AI動画の可能性は無限大です。まずは、教育機関や企業内教育において、生成AIを活用した動画コンテンツは大変有用です。例えば、複雑な内容を分かりやすく説明するための教育動画や、eラーニングコースの一環として活用される動画コンテンツに生成AIが役立ちます。

次に、トレーニング動画を大量に作成する際にも、生成AIは時間と労力を節約する手段となります。特に、手順やプロセスを視覚的に示したい場合には、生成AIが大いに役立つでしょう。それに加えて、言語の壁を超えてグローバルな視聴者に対して教育を提供する際にも、生成AIを活用した多言語対応の動画コンテンツは非常に有益です。一方で、教育・トレーニングにおいては、正確性やわかりやすさが重要なポイントとなるため、生成AIを利用する際には、内容の精度や表現の適切さについて慎重に検討することが重要です。

エンターテインメントに活用

生成AI動画はエンターテインメント業界においてもさまざまな活用が期待されています。例えば、映画やアニメーション制作において、背景やプロットの一部を生成AIが担当することで制作スピードの向上やコストの削減が見込めます。また、生成AIを使って実際の俳優やキャラクターの顔を加工したり、新たなキャラクターをデザインすることも可能です。

一方、音楽業界でも生成AIは注目を集めており、メロディや歌詞の生成に活用されています。短期間で多くの楽曲を制作することが可能となり、音楽制作の効率化に貢献しています。さらにはライブパフォーマンスの映像演出やVJ(ビジュアルジョッキー)としての活用も期待されています。

生成AIを使ったエンターテインメントコンテンツは、新たな創造の可能性を拓き、従来の制作プロセスにはない刺激的な表現方法を提供しています。その一方で、技術の進化による倫理的な問題やアーティストの創造性との関係性など、様々な議論も生まれています。生成AIをエンターテインメントに活用する際には、その可能性と限界を充分に理解し、独自の価値を生むための工夫が求められるでしょう。

生成AI動画ツールの使い方ガイド

生成AI動画ツールの使い方ガイドについて詳しく解説します。生成AIツールを使って動画を作成する際には、まずツールの選定が重要です。市場には様々な生成AIツールが存在し、それぞれ特徴や使い方が異なります。

まずはじめに、自分のニーズや予算に合ったツールを選ぶことが大切です。選定後は、ツールのインストールや利用方法を理解する必要があります。多くのツールは使いやすいユーザーインターフェースを提供しており、初心者でも直感的に操作できるようになっています。そして、実際に動画制作を行う際には、ツールが提供するテンプレートやカスタマイズ機能を活用することで、より魅力的な動画コンテンツを制作することが可能です。さらに、生成AIツールの使い方をマスターすることで、効率的に動画制作が行えるようになります。生成AI動画ツールの使い方を理解し、自分のクリエイティブなアイデアと組み合わせることで、より魅力的な動画コンテンツを作成することができるでしょう。

使い方の基本

使い方の基本について解説します。まず、生成AI動画ツールを使用するには、インストールとアカウントの作成が必要です。多くのツールはWebベースで提供されており、アカウントを作成することで利用することができます。次に、ツールのホーム画面やダッシュボードを覗いてみましょう。

一般的には、新規プロジェクトの作成やテンプレートからの選択、既存プロジェクトの編集などが行えるでしょう。さらに、ツールごとに異なりますが、基本的な操作方法や動画の編集機能、テキストや画像の挿入方法、音楽の追加などがあることでしょう。操作に不慣れな場合は、チュートリアルやヘルプセンターを利用して操作方法を学ぶことをおすすめします。使い方の基本をマスターすることで、より効果的に生成AIツールを活用することができます。

注意点とベストプラクティス

生成AI動画を制作する際には、注意点とベストプラクティスについて理解しておくことが重要です。

まず注意点として、生成AIツールを使用する際には、著作権やライセンスに留意する必要があります。ツールに含まれているコンテンツや素材が、商用利用や改変利用に適しているか確認することが大切です。

また、生成AIツールを使用していることを明確に表記することで、視聴者に対して透明性を持たせることも重要です。動画制作においては、視聴者との信頼関係を構築することが求められます。

さらに、ベストプラクティスとしては、生成AIツールを活用することで効率的な動画制作が可能となります。既存のテンプレートや素材を活用しつつ、独自のアイデアやメッセージを加えることで、オリジナリティのある動画コンテンツを制作できます。

また、生成AIツールのアップデートや新機能の追加にも注意を払い、常に最新の機能を活用することで、より魅力的な動画を作成することが可能です。生成AI動画の制作においては、注意点を押さえつつベストプラクティスを実践することで、高品質な動画コンテンツを制作することがでるでしょう。

生成AI動画の未来と展望

生成AI動画の未来と展望について考えてみましょう。現在、生成AI技術は急速に発展しており、動画制作においても注目を集めています。将来的には、生成AIを活用した動画制作はさらに進化し、より高度な表現やリアリティを持った動画が作成可能になると期待されています。

一方で、生成AIを使用することで人間の創造性や感性がどのように変化するかという点も注目されています。生成AIの発展によって、動画制作のプロセスが効率化される一方で、クリエイターの役割や価値についても再考される時代がやってくるかもしれません。

さらに、生成AIを活用した動画が広告やエンターテイメント、教育など様々な分野で活用されることが期待されています。これにより、新たなビジネスチャンスやコンテンツの可能性が拡大し、多くの人々にとって新しい体験や価値をもたらすことでしょう。生成AI動画の未来には、さまざまな展望が広がっています。

技術の進化

生成AI動画の未来を考える上で欠かせないのが、技術の進化です。生成AI技術は急速に進歩しており、その進化によって動画制作に革新がもたらされています。一つの大きな進化として、生成AIがよりリアルで自然な動画を作成できるようになったことが挙げられます。昔と比べて、人工的な印象の少ない、臨場感溢れる動画が生み出されるようになっています。この進化によって、広告やエンターテイメント分野での活用が期待されています。\n今後の進化によって、生成AIがより高度な表現やストーリーテリングが可能となれば、より多くの分野での活用が見込まれます。\nまた、生成AI技術が急速に進化する中で、使いやすさやコスト面での改善も期待されています。これにより、個人クリエイターや小規模事業者なども、より手軽に生成AIを活用した動画制作が可能となるでしょう。技術の進化によって、生成AI動画の可能性は広がる一方です。

新しいツールの登場

新しいツールの登場により、生成AI動画制作の世界はさらなる進化を遂げています。これまで以上に使いやすく、高度な編集や表現が可能となった最新ツールが次々と市場に登場しています。これにより、個人クリエイターや小規模事業者も、プロフェッショナル並みの動画コンテンツを手軽に制作できるようになりました。また、従来のツールでは表現しにくかったコンセプトやアイデアも、新しいツールを使うことで実現が可能になります。

業界の動向

業界の動向について見てみましょう。

現在、生成AI動画の技術は急速に進化しており、多くの動画制作プロフェッショナルやマーケティング担当者が注目しています。主要なテクノロジ企業やスタートアップ企業が、生成AIを活用した動画制作ツールの開発に積極的に取り組んでおり、市場には新しいツールやサービスが次々と登場しています。

一方で、生成AIを利用することでクオリティの高い動画制作が手軽になる一方で、専門的なスキルや創造性を求められる分野での影響や議論も活発になっています。また、倫理的な観点や知的財産権の問題についても業界全体で議論がなされています。

さらに、消費者の間でも生成AI動画の需要が増しており、SNSや動画プラットフォーム上で生成AIによる動画が注目を集めています。今後の展開に注目が集まっており、業界の動向は非常に興味深いものとなっています。

まとめ

生成AI動画を使った動画制作の手順をまとめると、まずはおすすめの生成AIツールを選ぶことが重要です。市場にはさまざまなツールがありますが、自分のニーズや予算に合ったものを選ぶことがポイントです。

次に、選んだツールの使い方を熟知しましょう。各ツールには独自の特徴や操作方法がありますので、マニュアルやチュートリアルを利用してしっかりと理解しましょう。さらに、動画制作の基礎知識やクリエイティブなアイデアを持っていることも重要です。生成AIはツールですが、それを適切に活用するためにはクオリティの高い素材やコンセプトが欠かせません。最後に、作成した動画を公開する際には適切なプラットフォームや配信戦略を考えることが成功の鍵となります。

これらの手順を踏んでいくことで、効果的な生成AI動画の制作が可能となるでしょう。

資料請求バナー