マーケティングBLOG

生成AI市場規模の未来予測と拡大要因

2024年6月27日

Share

  • Xでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEで送る

導入実績700サイト以上!!
「カスタメディア」の事例ダウンロードは
こちら

事例集をダウンロードする(無料)

生成AI(Generative AI)の技術は急速に進化しており、その市場規模も驚異的なペースで拡大しています。今後数年間で、この市場はさらなる成長を遂げると予測されており、様々な業界での応用が進む中、その影響力はますます増大するでしょう。

本記事では、生成AI市場の未来予測とその拡大要因について詳しく解説します。生成AIの市場規模がどのように拡大していくのか、その背後にある技術革新、ビジネスモデルの進化、そして具体的な応用事例を通じて、今後の展望を明らかにしていきます。生成AIのポテンシャルを理解し、その未来を見据えるための重要なポイントを探っていきましょう。

生成AIとは?

生成AIは、人工知能の分野の一つであり、様々なデータから新しい情報やコンテンツを生成する技術を指します。例えば、文章や画像、音声などのデータから新しいコンテンツを作成することが可能です。生成AIは、自然言語処理や画像認識などの技術を応用し、高度な情報生成が可能となっています。

この技術は、機械学習や深層学習の発展により大きく進化し、現在ではビジネスや研究分野でさまざまな応用がされています。例えば、コンテンツ制作の自動化やクリエイティブ業界での活用、さらには医療分野での病気の診断支援など、幅広い分野で生成AIの活用が期待されています。将来的には、生成AIの技術はさらなる進化を遂げ、生活やビジネスにおいて大きなインパクトを持つことが予想されています。

生成AIの基本概念

生成AIは、機械学習の応用技術の一つであり、データから新しい情報やコンテンツを生成することを可能にします。

この技術の基本概念は、入力データから学習し、そのパターンや特徴を理解した後に、新しいデータやコンテンツを生成することにあります。

生成AIは、自然言語処理や画像生成、音声合成などの分野で利用され、その応用範囲は多岐にわたります。

例えば、文章の自動生成や画像の生成、さらには音声の合成など、生成AIの基本概念はそれぞれの応用領域において異なる側面を持ち、その技術は日々進化を遂げています。

今後は、生成AIの基本概念がさらに深化し、新たな分野や業務において革新的な活用が期待されます。

生成AIの代表的な事例

生成AIの技術は様々な分野で活用されており、その代表的な事例の一つに自然言語処理が挙げられます。自然言語処理を用いた生成AIは、文章の要約や翻訳、質問応答システムなどに幅広く活用されています。これにより、大量のテキスト情報から要約を行ったり、異なる言語間でのコミュニケーションを支援したりすることが可能となっています。また、画像生成にも生成AIの技術が応用されており、GAN(敵対的生成ネットワーク)を用いた画像の生成や修正が行われています。これにより、芸術作品の創造や新たなデザインの提案、または医療画像の解釈支援などが行われています。生成AIの技術はこれらの事例を通じて、多様な分野で革新をもたらし、今後さらなる進化と拡大が期待されています。

生成AI市場規模の現状と未来予測

一般社団法人電子情報技術産業協会の生成AI市場の世界需要額見通しは、以下のようになると発表しました。

世界の生成AI市場の需要は、2023年の106億ドルから、2030年には2,110億ドル、約20倍に急速に成長すると見通しました(*1)。

引用:一般社団法人電子情報技術産業協会 『生成AI市場の世界需要額見通しを発表』 2023年12月23日
生成AIの世界市場規模の拡大
画像引用:一般社団法人電子情報技術産業協会 
『生成AI市場の世界需要額見通しを発表

また、日本の市場規模については、15倍との見通しとのことです。

日本市場も現在の15倍となる1兆7,774億円に成長する見通しです

引用:一般社団法人電子情報技術産業協会 『生成AI市場の世界需要額見通しを発表』 2023年12月23日
生成AIの日本市場規模の拡大
画像引用:一般社団法人電子情報技術産業協会
『生成AI市場の世界需要額見通しを発表

生成AIの利活用分野は今後、より一層広がっていくことが予測されています。特に伸長が著しいと見込まれるのが製造分野です。

製造現場における業務支援や製品開発支援など、ユースケースが多岐にわたることから、年平均54.6%で成長し、2030年には507億ドルへと拡大する見通しとのことです。

他にも金融や公共、通信・放送分野などにおいて、作業の効率化や創作活動の拡大などで利活用が広がると見通しています(*3)。

世界の生成AI市場動向

世界的に、生成AI市場は急速な成長を遂げています。北米を中心にしたAI技術企業の急成長や、中国を含むアジア地域でのAI技術への投資の増加などが背景にあります。これにより、生成AI市場は世界規模で拡大し、多くの企業や研究機関が注目しています。

北米では、大手テクノロジー企業を中心に生成AIに関する研究開発が進んでおり、新たな技術や製品が次々と生み出されています。

一方、アジア地域では中国を中心にAI技術の急速な進化が見られ、生成AIの応用領域が多岐にわたります。このような世界的な動向により、生成AI市場はますます多様化し、世界各地でさまざまなビジネスチャンスが生まれています。

日本の生成AI市場動向

近年、日本の生成AI市場は急速な拡大を遂げています。

特に製造業や医療分野での活用が進んでおり、自動車メーカーや医療機関を中心に生成AIの導入が進んでいます。

製造業では製品デザインや生産プロセスの最適化に生成AIを活用し、効率化と品質向上を図っています。また、医療分野では診断支援や新薬開発、生体データ解析などに生成AIが活用され、医療の質の向上に貢献しています。

さらに、日本国内の大手企業やベンチャー企業が生成AIの技術開発や応用研究に力を入れており、国内外で競争力を持つ生成AIソリューションの提供が期待されています。このように、日本の生成AI市場は多岐にわたる分野での活用が進んでおり、その成長が注目されています。

生成AI市場規模拡大の要因

生成AI市場の規模が急速に拡大している背景には、いくつかの要因が存在しています。

まず第一に、データ量の増加と多様化が挙げられます。ビッグデータ時代の到来により、企業や組織が膨大なデータを活用しようとする動きが加速しています。

また、処理能力の向上も拡大の要因の一つです。クラウドコンピューティングやGPUの性能向上により、より複雑な生成AIモデルの構築や高速な処理が可能になりました。

さらに、企業の間でAI活用への注目が高まっています。競争が激化する中、AI技術を取り入れることで業務効率の向上や新たなビジネスチャンスの創出につなげようとする動きが広がっています。

これらの要因が組み合わさり、生成AI市場の規模は今後も拡大を続ける見込みです。

技術の進化

技術の進化により、生成AI市場の拡大が支えられています。

まず、生成AIのアルゴリズム自体の進化が大きな要因となっています。新たなモデルや手法の開発により、生成AIの性能や応用範囲が拡大しました。 その結果、生成AIが画像生成、文章作成、音声合成など様々な分野で高精度な成果を出すことが可能になりました。

また、ディープラーニングや機械学習といった基盤技術の向上も大きな役割を果たしています。高度な計算リソースやデータ処理能力の向上により、複雑な生成AIモデルの学習や推論が効率的に行えるようになりました。これにより、生成AIの応用範囲が広がり、新たな価値の創造が可能になっています。以上のような技術の進化が、生成AI市場の成長を後押ししています。

データの蓄積と利用

データの蓄積と利用により、生成AI市場が拡大しています。

企業や組織は多岐にわたるデータを収集し、これを活用することで競争力を高めることを目指しています。

たとえば、顧客の購買履歴や行動データ、市場動向など、多様な情報を元に、生成AIを活用したマーケティング施策やサービスの最適化が行われています。

さらに、製品の品質管理や効率化、新たな製品・サービスの企画開発においても、膨大なデータを活用した生成AIの導入が進んでいる。このように、データの蓄積と効果的な利用が、生成AI市場の成長に大きく寄与しています。

政策支援

政策支援が生成AI市場の拡大に寄与しています。政府レベルでのAI技術への投資や関連法制度の整備が、AI産業の発展を後押ししています。

まず、研究開発への支援策が整備されており、研究機関や企業のAI技術開発が後押しされています。また、AI人材の育成や教育への投資も行われ、将来のAI人材の供給を見据えた取り組みが進められています。これにより、産業界や様々な部門におけるAI技術の活用が促進され、市場の成長を後押ししています。

さらに、AI技術の活用に関するガイドラインや倫理についての整備も進められており、安心してAIを活用できる環境整備にも力が入れられています。これらの政策支援が、生成AI市場の拡大と安定した成長に貢献しています。

生成AIの産業別需要予測

人々の生活やビジネスにおいて、生成AIの需要が拡大しています。

特に製造業では、品質管理や自動化における生成AIの活用が進み、効率化と品質向上が期待されています。

また、医療分野では、疾患診断や治療法の開発において生成AIが活用され、新たな治療手法や医療の進化が期待されています。

さらに、金融業界でも生成AIの需要が高まっており、リスク管理や顧客データ分析において活用されています。

これらの産業における生成AIの需要は今後さらに拡大すると予測され、生成AI技術の進化とともに新たなビジネスチャンスが生まれるだろう。

製造業界

製造業界においては、生成AIの活用が急速に拡大しています。品質管理や生産効率の向上など、様々な分野で生成AIが導入されています。

例えば、自動検査システムによる欠陥品の早期発見や製品の組み立て工程におけるロボット制御など、生成AIによって製造プロセスが劇的に改善されています。

また、製造業では多種多様なデータが蓄積されており、そのデータを生成AIに活用することで生産ラインの最適化やトラブルの予防など、新たな価値が生まれています。

さらに、製造業界ではIoTとの連携によるスマート工場の実現が進んでおり、生成AIの進化とともに製造業の未来が大きく変わることが期待されています。

金融業界

金融業界では、生成AIの活用が急速に拡大しています。これは、リスク管理や顧客データ分析など、さまざまな分野での効果的な活用が期待されているからです。

具体的には、顧客のデータを分析して、より適切な金融商品やサービスを提供するために生成AIが活用されています。また、投資の意思決定や機械学習を活用した取引の自動化など、投資分野での活用も進んでいます。

さらに、生成AIを使用して取引の監視や不正取引の検知などのセキュリティ関連の業務にも活用されています。これにより、金融業界ではコスト削減や効率化、リスクの低減など、さまざまな利点がもたらされています。

今後も、生成AIの活用はさらに進展し、金融業界のビジネスプロセスや顧客サービスに革新をもたらすことが期待されています。

医療・介護業界

医療・介護業界において、生成AIの活用は革新的な進展を遂げています。

疾患の早期診断や画像診断支援、治療計画の最適化などに生成AIが活用され、これにより医療の精度や効率が向上しています。

また、介護業界でも、高齢者の生活サポートや健康管理に生成AIが活用されており、個々のニーズに合わせたケアの提供が可能となっています。

このように、生成AIは医療・介護業界において重要な役割を果たし、患者や利用者、医療従事者にとって大きな利益をもたらしています。今後も、生成AI技術の進化により、より多くの医療・介護の課題に対応するための様々な技術革新が期待されます。

エンターテインメント業界

エンターテインメント業界においても生成AIの需要が増加しています。映画やゲーム制作において、生成AIは脚本の作成やキャラクターのデザインなどに活用されており、新たな創作の可能性を拓いています。

また、音楽業界でも生成AIが注目されており、楽曲の作曲やアーティストのサポートに活用されています。さらに、仮想YouTuberやデジタルアーティストなど、生成AIを活用した新たなエンターテインメントコンテンツが登場しています。

これにより、エンターテインメント業界では従来にはない創造的なアプローチや新しいエンターテインメント体験が生まれつつあり、消費者の期待も高まっています。

生成AIの技術革新により、エンターテインメント業界も大きな変革を迎えつつあり、これからの展開が注目されます。

生成AIの成功パータンと失敗例

生成AIの導入事例は多岐にわたります。

例えば、製造業では品質管理や生産計画の最適化に生成AIを活用し、効率化とコスト削減を実現している企業が増えています。

また、金融業界ではリスク管理や顧客サービス向上のために生成AIを活用し、データ解析や予測精度の向上を図っている事例もあります。

さらに、医療分野では病気の診断支援や治療法の開発に生成AIを活用し、新たな医療の進化に貢献しています。

そして、小売業やサービス業においても、顧客の購買行動の予測やサービスのカスタマイズに生成AIを活用し、顧客満足度の向上や収益増加を実現しています。これらの具体的な事例を通じて、生成AIの導入が様々な産業で価値を生み出し、業界全体の革新を促進していることがわかります。

企業Aの成功パターン

企業Aは、生成AIを製品品質管理に導入し、生産ラインでの欠陥品の削減に成功した事例があります。

具体的には、製品の生産データや検査結果を生成AIによってリアルタイムで解析し、異常を検知すると自動的に生産ラインを停止させる仕組みを導入したことがポイントです。

この取り組みにより、欠陥品の発生を大幅に減らし、品質向上と生産効率の向上を実現しました。さらに、従来の手作業による検査作業も削減され、労力やコストの削減にも寄与しました。また、得られた生産データを分析することで、品質改善のための新たな知見を得ることも可能になりました。このように、生成AIの活用により、企業Aは製品品質の向上と競争力の強化を実現した成功事例です。

企業Bの失敗パターン

企業Bが生成AIの導入に失敗した教訓は重要です。彼らは技術の魅力にとらわれ、戦略的な計画や組織的な変革を怠ってしまいました。

まず最初に、導入前の十分な調査や計画策定が欠如していました。会社の需要や実際の利用ケースを正確に把握することが不十分であり、それに基づいた導入計画が立てられなかったのです。次に、組織文化やスキルの不足も大きな問題でした。生成AIの導入には組織全体の協力と適切なスキルが必要でしたが、それらが欠如していました。

そして、導入後のフォローアップや適切なトレーニングも怠っており、システムの適切な運用ができませんでした。このように、彼らの失敗から学ぶべき点は多いです。生成AIの導入には十分な検討と計画、組織文化の変革、そして適切なトレーニングとフォローアップが必要であることを肝に銘じるべきです。

生成AI導入の課題と対策

生成AIの導入には様々な課題が存在します。

まず、技術的な課題として、生成AIの精度や信頼性に関する懸念があります。また、専門家の不足や適切な教育プログラムの不足も課題となっています。

さらに、倫理的な問題や法規制の不透明さも導入の障壁となっています。それに加えて、企業内部での組織的な変革や文化の変化を促す必要があります。

これらの課題に対処するためには、技術の改善や専門家の育成、倫理的なガイドラインの策定、法的な枠組みの整備、そして組織文化の変革が必要となります。また、情報共有や業界全体の協力も不可欠です。これらの対策を講じることで、生成AIの導入を成功させ、その利点を最大限に引き出すことが可能となります。

リテラシーとスキルの不足

生成AIの導入において、社会全体でリテラシーとスキルの不足が課題となっています。

まず、生成AI技術の専門知識や理解が不十分なことが挙げられます。多くの人々が、AIに関する基本的な知識やその応用方法について理解していない現状があります。このため、生成AIを活用するための適切なスキルや知識を持つ人材の不足が深刻な課題となっています。

この問題に対処するためには、教育機関や企業が積極的な情報共有や教育プログラムを展開し、AIに関するリテラシーやスキルの向上を図る必要があります。また、個々の人が自己啓発を行い、AIに関する知識やスキルを積極的に習得することも重要です。

リテラシーとスキルの不足に対処することで、生成AIの活用をより効果的に推進し、新たなビジネス価値を創造することが可能となります。

プライバシーとセキュリティーの懸念

生成AIの普及に伴い、プライバシーとセキュリティーの懸念が増大しています。個人情報や機密情報の取り扱いに関する課題が存在し、それに対する十分な対策が求められています。また、生成AIが偽造された情報を生成する可能性もあるため、情報の信頼性に対する不安が広がっています。

法的規制や倫理的な問題

生成AIの導入には、法的規制や倫理的な問題が重要な課題となっています。まず、個人情報や著作権などの法的な規制に適合しなければなりません。また、生成AIが偽情報や悪意ある利用につながらないように倫理的なガイドラインが求められます。これらの規制や倫理に適合するためには、各国の法律や規則を遵守するとともに、企業内部での倫理的な議論や教育が重要です。

まとめ

生成AI市場規模の未来予測と拡大要因について、今回は生成AIの活用がもたらす市場規模の拡大とその要因について探ってきました。

AI技術の進化により、生成AI市場規模は急速に成長しており、今後さらなる拡大が期待されます。データの増加と多様化、処理能力の向上などが市場拡大の主な要因となっています。

生成AIはさまざまな産業で活用され、企業の競争力向上や新たなビジネスチャンス創出につながっています。

今後も生成AI市場は成長が期待され、その拡大は企業のビジネス戦略や市場全体に大きな影響を与えるでしょう。

資料請求バナー