マーケティングBLOG

自治体の生成AIの活用と課題について徹底解説

2024年6月28日

Share

  • Xでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEで送る

導入実績700サイト以上!!
「カスタメディア」の事例ダウンロードは
こちら

事例集をダウンロードする(無料)

生成AI(Generative AI)の進化は、私たちの生活に多大な影響を与え続けています。その先進技術を活用することで、自治体は住民サービスの向上や運営効率の最適化を実現しています。

本記事では、自治体がどのように生成AIを活用しているのか、そして具体的な成功事例を紹介します。

生成AIは、都市管理、健康予測、公共サービスの自動化、防災対策など多岐にわたる分野で利用されており、その実用性と効果は日々増しています。これらの成功事例を通じて、生成AIの導入が自治体の業務にどのように貢献しているのかを探り、今後の展望を明らかにしていきます。自治体の生成AI活用の現状と未来を知ることで、私たちが住む地域社会がどのように進化していくのか、その一端を垣間見ることができるでしょう。

生成AIとは

生成AIの基本概念

生成AIの基本概念について解説します。生成AI(Generative Adversarial Network: GAN)は、2つの主要な要素で構成されています。ひとつは生成器(Generator)であり、もうひとつは識別器(Discriminator)です。

生成器は、ランダムなノイズからデータを生成することを学習します。例えば、ランダムなノイズから画像をつくり出すことができます。一方、識別器は、生成されたデータが本物のデータであるかを見破るように学習されます。

生成器と識別器は相反する目的を持ち、互いに学習を進めていきます。生成器は識別器をだますようなデータを生成しようと試み、一方で識別器は本物と偽物を見破るように学習します。このような相克的な学習によって、生成AIは高度なデータ生成を実現します。

生成AIは、このような生成器と識別器の競争的な学習によって、新しいデータや情報の生成が可能となり、自治体の課題解決や効率化に役立てることが期待されています。

自治体における生成AIの重要性

自治体における生成AIの重要性について自治体における生成AIの活用は、多岐にわたる課題に対して新たな可能性をもたらします。

例えば、行政情報の自動生成により、職員の負担軽減や情報の効率的な提供が実現できます。さらに、施設予約システムの改善によって、利用者が円滑な手続きを行える環境を整えることができます。

これにより、行政サービスの利便性向上や市民との信頼関係の構築に繋がります。自治体における生成AIの重要な側面は、効率化だけでなく、意思決定の質の向上にも寄与します。生成AIを活用することで、大量のデータから洞察を得ることが可能となり、より効果的な政策策定や予算編成が実現できます。自治体における生成AIは、行政サービスの充実と行政運営の効率化に向けて、重要な役割を果たす可能性があります。

自治体における生成AIの導入メリット

業務効率化

業務効率化は自治体における重要な課題の一つです。生成AIの導入により、これまで手作業で行っていた煩雑な作業を自動化することが可能となります。たとえば、自治体の広報活動においては、各種情報資料や案内文書の作成に多くの時間と労力を要していました。

しかし、生成AIを活用することで、情報の自動生成が可能となります。これにより、職員はより効率的に情報発信を行うことができ、その結果として市民へのサービス向上と業務負担の軽減が期待できます。また、自治体内での各種レポートや書類作成においても、生成AIは大きな貢献をします。大量かつ複雑なデータからまとめたり、資料を作成したりする際に、生成AIによる自動生成は非常に有効です。そのため、自治体の業務効率化において、生成AIの活用は非常に有益なのです。

市民サービスの向上

生成AIの導入により、自治体の市民サービスを向上させることが期待されます。

具体的には、市民向けの情報提供やコミュニケーションの改善が挙げられます。まず、市民向けの情報提供においては、生成AIを活用した自動応答システムや情報公開文書の自動生成などが実現可能です。これにより、市民が必要とする情報に迅速にアクセスできる環境が整い、行政と市民のコミュニケーションが円滑になります。次に、行政サービスの向上により、市民の利便性が向上し、生活の質が高まることが期待されます。例えば、市民向けの申請書や案内文の的確な生成、適切な情報提供により、市民の手間が軽減され、円滑な手続きが実現します。

このように、生成AIの活用により市民サービスの向上が期待されることから、自治体においても積極的な導入が進められています。

自治体の生成AI活用事例

自治体における生成AIの活用事例をご紹介します。生成AIは自治体のさまざまな業務で活用されており、その効果が期待されています。

1. 東京都の生成AI活用

プロジェクト名: 文章生成AI利用

内容: 東京都は、生成AIの活用に関して先進的な取り組みを続けています。その一環として、文章作成AIの利用に関するガイドラインを策定し、行政文書や広報資料の作成においてAI技術を安全かつ効果的に活用するための指針を示しています。このガイドラインの作成は、AI技術の進化と普及に伴う新たな課題に対応し、東京都がAI技術の適切な運用を確保するための重要なステップとなります。

2. 大阪府の生成AI活用

プロジェクト名: 健康予測AI

内容: 大阪府では、生成AIを利用して住民の健康状態を予測し、個別の健康アドバイスを提供するプロジェクトを展開しています。AIは医療データを解析し、病気の早期発見や予防に役立つ情報を提供することで、医療費の削減と住民の健康増進を目指しています。

▶関連リンク:大阪府【アスマイル】生活習慣病の発症確率を予測する健康予測AIをリニューアルします!

3. 福岡市の生成AI活用

プロジェクト名: 公共サービスの自動化

内容: 福岡市の生成AIの認証実験では、企画書・広報資料の作成、文章校正、 翻訳、FAQ作成、議事録要約、新規事業アイデア創出などの業務で生成AIを活用しました。その結果、職員の半数以上10~30%の作業時間削減効果を実感したとのことです。

▶関連リンク:福岡市の実施報告書

4. 横浜市の生成AI活用

プロジェクト名: ゴミ収集ルートの最適化

内容: 横浜市では、生成AIを活用してゴミ収集ルートの最適化の認証実験を小田急電鉄と実施することを発表しました。(2024年5月20日時点)

AIが収集データを解析し、最適なルートを提案することで、交通事故防止効果の検証、ごみ収集業務に関する作業効率化を目的に検証をおこなうとのことです。

自治体における生成AI導入の課題

人材不足

人材不足について生成AIを導入する際、自治体ではAIを運用するための適切なスキルや知識を持つ人材の不足が課題となります。AIを運用するためにはデータの分析やAIモデルの構築、運用管理などの専門知識が求められます。しかし、自治体においてはそのような人材を確保し育成することが難しい状況があります。AI技術の発展が著しい中、民間企業からの人材流出や民間企業との採用競争で自治体における適切な人材確保が難しくなっています。また、AIに関連した技術や知識を身につける教育機関の不足も人材不足の要因となっています。このような人材不足の課題に対処するためには、自治体内での教育・研修プログラムの充実や民間企業との連携強化など、人材育成に向けた施策が求められます。また、自治体間でのノウハウ共有や人材交流の促進も有効な手段となります。

予算確保の難しさ

自治体で生成AIを導入する際に直面する課題の一つが、予算の確保です。AIの導入には、開発コストや導入後の運用・保守にかかる費用が必要となります。しかし、自治体の予算は限られており、多くの施策や課題に destがされています。そのため、AI導入のための予算を確保することは容易なことではありません。
特に、AIの技術開発や導入には高い専門知識や経験を持つ人材の雇用や外部委託が必要となる場合があります。これにはさらなる経費が発生します。そのため、自治体では予算の確保に加えて、AI導入にかかる費用を正確に見積もり、効果的な使い道を模索する必要があります。さらに、AI導入による効果や成果を示すことで、追加の予算確保や維持・改善にもつなげることが重要です。

課題解決のための戦略

自治体での課題解決においては、戦略立案が重要です。まずは、データを分析し、具体的な課題を把握することが第一歩です。

次に、生成AIを活用して課題解決のアイデアを生み出しましょう。例えば、過去のデータから将来の施設利用需要を予測するなど、生成AIの能力を活かした戦略が考えられます。さらに、地域の特性や利用者のニーズに合わせてカスタマイズされたアプローチを取ることも重要です。そして、導入後の効果を定期的に評価し、戦略の修正を行うサイクルを確立することで、持続的な課題解決を目指します。このように、データ分析と生成AI活用を組み合わせた戦略立案が自治体の課題解決に有効です。

人材育成の取り組み

自治体における生成AIの活用を実現するためには、職員の専門知識やスキルの向上が不可欠です。そのために、自治体では以下のような人材育成の取り組みが重要です。

1. AI技術の普及教育

自治体職員に対して、AI技術の基礎知識や生成AIの活用方法に関する教育を実施します。これにより、職員が技術の進化に追従し、生成AIを活用した施策に積極的に参加できるようになります。

2. 実践的な研修プログラム

自治体内での実践的な研修プログラムを導入し、実際に生成AIを活用したプロジェクトに参加しながらスキルを磨く機会を提供します。実際の課題に取り組むことで、職員の理解が深まり、活用のハードルが下がります。

3. 外部講師の招聘

AI専門家や実務家を講師として招聘し、最新の技術動向や事例を学ぶ機会を提供します。外部の視点からの学びは、新たな視点やアイデアをもたらし、自律的な学びを促進します。

これらの取り組みによって、自治体職員のAI活用能力を高め、生成AIの活用促進につながることが期待されます。

効率的な予算の確保方法

自治体での生成AI活用には十分な予算の確保が重要です。具体的な方法としては以下の点に留意するとよいでしょう。

まず、生成AIを活用することで期待される効果や効率化のポイントを明確に整理しましょう。具体的な数値目標を示し、それが達成された際の予算削減などの効果を定量的に示すことが重要です。このような効果の具体化により、予算の確保に対する説得力が増します。

次に、成功事例や導入効果に関する調査結果などのデータを活用して、生成AI導入による経済効果や行政サービスの向上効果を示します。これにより、生成AIによって生まれる価値やメリットを的確に伝えることができます。

さらに、自治体内での関係者や意見リーダーとのコミュニケーションを密にし、共通認識を築くことが重要です。生成AI活用の必要性や効果についての情報共有を進め、関係者の理解と協力を得ることで、予算の確保につながります。

このように、効果や成功事例の具体化、データを用いた説得力のある情報提供、関係者とのコミュニケーションを通じて、効率的な予算の確保を目指しましょう。

自治体が生成AI導入を成功させるためのポイント

導入計画の策定

導入計画の策定においては、まず自治体の現状把握が重要です。どのような課題を解決し、どんな効果を期待するのかを明確にしましょう。次に、生成AIを活用する具体的な分野やプロジェクトを選定し、その成果目標やスケジュールを設定します。そして、導入に伴うコストやリソース、リスクを評価し、予算や人員の配置計画を立てます。ここで、関係者や利害関係者とのコミュニケーションや合意形成が不可欠です。また、導入後のモニタリング体制や改善計画の策定も忘れずに行いましょう。綿密な導入計画を策定することで、自治体の生成AI導入は成功に近づくでしょう。

ステークホルダーとの連携

生成AIを自治体で成功させるためには、ステークホルダーとの連携が不可欠です。まず、行政職員とのコミュニケーションが重要です。生成AIの導入に伴い、行政職員の業務内容や役割が変化する可能性があります。そのため、導入前から行政職員との十分な意見交換や教育・トレーニングを行い、適切な理解と協力を得ることが求められます。

また、地域住民や関係団体とのコミュニケーションも重要です。生成AIの活用によって行政サービスの向上や効率化が図られることで、住民や関係団体の利便性向上につながります。そのため、導入前から十分な説明やアンケート調査などを通じて、期待や要望を把握し、彼らの声を反映させることが重要です。

ステークホルダーとの連携を密にし、理解と協力を得ながら生成AIを活用することで、より効果的な結果を生むことができるでしょう。

継続的な評価と改善

継続的な評価と改善によって自治体における生成AIの活用をさらに向上させることが重要です。

継続的な評価は、導入後の成果や課題を定期的に確認し、活用シーンや効果の向上点を把握することを意味します。さまざまなステークホルダーとのコミュニケーションを通じて、実際のニーズに合った改善点を見つけることができます。

それに加えて、改善は一連のプロセスであり、実施した施策の有効性を定量的・定性的に評価し、問題点を洗い出すことが不可欠です。その上で、効果的な改善策を検討し、適切なタイミングで新たな施策を実行することで、生成AIの活用を常に向上させることができます。

継続的な評価と改善は、自治体が生成AIを持続的に活用し、課題解決や効率化を実現するための重要なステップと言えるでしょう。

まとめ

生成AIは、自治体が持つ様々なデータを活用し、課題解決や住民サービスの向上に貢献する可能性を秘めています。地域の交通渋滞データや災害発生時の避難ルートデータなどを生成AIに活用することで、効果的な施策の立案や住民への適切な情報提供が可能です。成功事例として、交通規制の最適化や災害時の避難経路最適化などが挙げられます。自治体が生成AIを活用することで、より効果的な施策の立案や住民サービスの向上につなげることが期待されます。このように、生成AIは自治体のみならず、地域全体の発展に貢献する重要なツールとなり得るでしょう。

資料請求バナー