マーケティングBLOG

最新の生成AIアプリとその使い方【2024年】

2024年6月25日

Share

  • Xでシェア
  • facebookでシェア
  • LINEで送る

導入実績700サイト以上!!
「カスタメディア」の事例ダウンロードは
こちら

事例集をダウンロードする(無料)

2024年は、生成AI技術がさらに進化し、多くの新しいアプリケーションが登場しています。これらのアプリは、クリエイティブな作業からビジネスの効率化まで、さまざまな分野で活用されています。この記事では、最新の生成AIアプリの中でも特に注目されているものを紹介し、それぞれの使い方について詳しく解説します。これらのアプリを活用することで、個人の創造性を最大限に引き出し、業務の生産性を飛躍的に向上させる方法をご紹介します。

生成AIアプリとは

生成AIアプリとは、人工知能を活用して写真や文章から新しいコンテンツを生成するアプリケーションのことです。従来、クリエイティブな作業は人の手によるものが主流でしたが、生成AIアプリではその作業を効率化し、新しいアイデアを生み出すことができます。

このアプリは、画像や文章を入力すると、そのコンテンツに関連するデザインやイラストを自動生成します。また、文章から似た意味の言葉を使った新しい文章を生成する機能も備えています。これにより、クリエイターやデザイナーはより短い時間で多くのアイデアを出すことができるようになります。

さらに、生成AIアプリは独自の学習機能を持っており、使用するたびにより質の高いコンテンツを生成することができます。これにより、ユーザーは常に最新の技術を活用したコンテンツの生成が可能となります。

生成AIアプリの選び方

生成AIアプリの選び方についてご紹介します。まず重要なのは、使いやすさと操作性です。アプリの使い方が分かりやすく、直感的に操作できるかどうかを確認しましょう。また、機能面も重要です。生成AIアプリは様々な機能を備えているため、自分のニーズに合った機能を持っているかをチェックしましょう。

例えば、文章生成や画像生成など、自分の目的に合った機能が必要です。さらに、出力結果のクオリティも重要です。生成されるコンテンツのクオリティが高いかどうかを確認し、自分の求めるレベルの成果物を提供できるかどうかを確認しましょう。最後に、サポート体制も見逃せません。万が一のトラブル時に迅速にサポートしてくれる体制が整っているかを確認しましょう。以上のポイントを踏まえて、最適な生成AIアプリを選びましょう。

用途に応じた選び方

用途に応じた選び方についてお伝えします。生成AIアプリは様々な用途に活用できますので、自分の目的に合ったものを選ぶことが重要です。

まず、文章生成を目的とする場合は、自然な文章を生成できる機能があるかどうかを確認しましょう。ブログ記事やSNS投稿など、自然な文章が求められる場合にはこの機能が重要です。

次に、画像生成を目的とする場合は、美しいイラストや写真を生成できる機能があるかを確認しましょう。広告制作やウェブデザインなど、視覚的な要素が重要な場合には、クオリティの高い画像生成が求められます。

さらに、マルチメディア生成を目的とする場合は、文章と画像を組み合わせたコンテンツを生成できるかをチェックしましょう。プレゼン資料やレポートなど、複数の要素を組み合わせて表現する場合には、この機能が役立ちます。

自分の目的に応じた選び方を考えながら、用途に合った生成AIアプリを選んでください。

操作性とユーザーインターフェース

生成AIアプリを選ぶ際に重要なポイントの一つが、操作性とユーザーインターフェースです。アプリを使用する上でストレスを感じないように、直感的な操作性が求められます。ユーザーインターフェースはシンプルで分かりやすく、必要な機能がすぐに見つけられることが大切です。例えば、ツールやメニューがわかりやすく配置されているか、操作手順が複雑でないかなどを確認しましょう。

また、アプリの使い方が分かりやすく解説されているチュートリアルやサポート体制も重要です。操作性やユーザーインターフェースが優れたアプリであれば、初心者から上級者まで幅広く利用することができ、効率的な作業が期待できます。操作性とユーザーインターフェースに優れた生成AIアプリを選ぶことで、ストレスなくクリエイティブな作業に集中できるでしょう。

価格とサービス内容

価格とサービス内容について、生成AIアプリを選ぶ際に重要なポイントです。まず、価格設定についてです。多くの場合、生成AIアプリは月額制のサブスクリプション形式で提供されています。まずは自分の予算との兼ね合いで選択肢を絞りましょう。その上で、サブスクリプションに含まれるサービス内容を確認しましょう。アプリの機能や利用可能な素材の量、利用制限などが含まれます。

また、サポート体制やアップデートの頻度なども重要です。こうした点を踏まえて、コストとサービス内容のバランスを見極めることが重要です。また、無料トライアル期間があるアプリも多いため、実際に使ってみて自分のニーズに合っているかどうかを確認するのも良いでしょう。最終的には、自分の予算に合った価格設定で、必要な機能や素材、サポートが充実したアプリを選ぶことがポイントです。

おすすめの生成aiアプリ【2024年】

2024年に注目すべき生成AIアプリをご紹介します。

AI画像生成に特化したアプリには、以下のようなものがあります。これらのアプリは、クリエイティブ業界やデザイン業界で広く活用され、様々な用途で画像を生成するために使用されています。

AI画像生成に特化したアプリ

1. DALL-E 3

画像引用:https://openai.com/index/dall-e-3/

OpenAIのDALL-E 3は、テキストプロンプトから高品質な画像を生成する強力なツールです。クリエイターやデザイナーがアイデアを迅速に視覚化するために利用されています。

2. MidJourney

画像引用:https://www.midjourney.com/home

MidJourneyは、テキストから画像を生成するAIプラットフォームで、独特のアートスタイルを持つ画像を生成することで知られています。アーティストやデザイナーが新しいビジュアルコンセプトを試すのに適しています。

3. Stable Diffusion

画像引用:https://ja.stability.ai/stable-diffusion

Stable Diffusionは、オープンソースの画像生成モデルで、高解像度の画像を生成する能力があります。研究者や開発者が独自のアプリケーションに組み込んだり、カスタマイズしたりするために使用されています。

4. Artbreeder

画像引用:https://www.artbreeder.com/

Artbreederは、ユーザーがAIを利用して画像を生成および編集できるプラットフォームです。特にポートレートや風景画像の生成に強みがあります。ユーザーが既存の画像を組み合わせたり、変異させたりすることで、新しい作品を作成できます。

5. DeepArt

画像引用:https://www.deeparteffects.com/?lang=ja

DeepArtは、AIを利用して写真を芸術作品に変えるアプリです。ユーザーがアップロードした画像を選択したスタイルで再描画するため、アート作品やデザインプロジェクトに使用されます。

6. Runway ML

画像引用:https://runwayml.com

Runway MLは、様々なAIモデルを提供するプラットフォームで、特にビデオ編集や画像生成に強みがあります。ユーザーは簡単にモデルを利用して画像を生成したり、既存の画像を加工したりできます。

7. CanvaのAI画像生成ツール

画像引用:https://www.canva.com/

Canvaは、デザイン作成ツールにAI画像生成機能を統合しています。ユーザーはテキストプロンプトを入力することで、デザインに使えるオリジナル画像を生成できます。

8. NVIDIA GauGAN

画像引用:https://www.nvidia.com/en-us/research/ai-playground/

NVIDIA GauGANは、簡単なスケッチやラフな描画からリアルな風景画像を生成するAIツールです。特に建築やゲームデザインのプロジェクトで使用され、自然な風景や環境のプロトタイプ作成に役立ちます。

AI動画生成に特化した生成AIアプリ

生成AI動画とは、人工知能(AI)を利用して動画を自動的に生成する技術のことです。通常の動画制作では、撮影や編集作業に多くの時間と労力が必要ですが、生成AIを活用することで、効率的に魅力的な動画コンテンツを作成することが可能となります。

以下の記事に生成AI動画のおすすめアプリ、ツールについて詳しく記述していますので、ぜひご覧ください。

▶生成AI動画のおすすめツールと使い方完全ガイド

プロユースの生成AIアプリ

プロユースの生成AIアプリとして、今年注目を集めているのは〇〇アプリです。このアプリは、高度な機械学習モデルを採用し、より高品質なコンテンツ生成を可能にしています。

また、利用シーンやニーズに合わせてカスタマイズできる豊富なオプションも魅力のひとつです。デザイナーやクリエイターだけでなく、広告制作などプロフェッショナルな分野で活躍する方々にもおすすめの一押しアプリです。

1. Adobe Firefly

画像引用:https://www.adobe.com/jp/products/firefly.html

Adobeの生成AIツール「Firefly」は、PhotoshopやIllustratorと統合されており、画像生成や編集のプロセスを大幅に簡素化します。ユーザーはテキストから画像を生成したり、既存の画像をAIによって補完・修正したりすることができます。

2. ChatGPT for Enterprise

画像引用:https://openai.com/chatgpt/enterprise/

OpenAIのChatGPT for Enterpriseは、カスタマイズ可能な対話型AIです。企業のカスタマーサポート、内部コミュニケーション、マーケティングなど、さまざまな業務プロセスを支援します。

3. Jasper AI

画像引用:https://www.jasper.ai/

Jasper AIは、マーケティングコンテンツの生成に特化したAIツールです。ブログ記事、広告コピー、ソーシャルメディア投稿など、マーケティング担当者が日常的に必要とするコンテンツを効率的に作成します。

4. Synthesia

画像引用: https://www.synthesia.io/

Synthesiaは、AIを利用してリアルなアバターがナレーションする動画を生成するツールです。企業のトレーニングビデオ、eラーニングコンテンツ、プロモーションビデオの制作に利用されています。

5. Grammarly Business

画像引用:Grammarly Business

Grammarly Businessは、AIを利用した文章校正およびライティング支援ツールです。企業のコミュニケーション品質を向上させるため、メール、レポート、マーケティング資料などの文書作成に役立ちます。

6. Copy.ai

画像引用:https://www.copy.ai/

Copy.aiは、マーケティングや広告向けのコピーライティングを支援する生成AIツールです。セールスレター、SNS投稿、ウェブサイトのコピーなど、幅広いコンテンツ生成に対応しています。

生成aiアプリの使い方

生成AIアプリの使い方について、以下にガイドします。

初めに、アプリを起動し、必要なコンテンツの種類を選択します。写真を入力する場合は、アプリ上で指示に従い写真を選択します。

次に、生成したいコンテンツのテーマやスタイルを選択します。

イラストや文章など、コンテンツの種類に応じて選択肢が異なります。選択が完了したら、アプリが自動でコンテンツを生成します。生成されたコンテンツを確認し、必要に応じて微調整や編集を行います。最後に、編集が完了したらコンテンツを保存し、必要な形式でエクスポートしましょう。このように、簡単な手順で生成AIアプリを活用することができます。クリエイティブな作業を効率化し、新しいアイデアを生み出す手助けとなるでしょう。

生成手順1: アプリのインストールと設定

生成AIアプリを利用するための手順をご紹介します。まずは、公式サイトやアプリストアからアプリをダウンロードしましょう。ダウンロードが完了したら、アプリをインストールします。インストールが完了したら、アプリを起動して基本設定を行います。言語設定や利用規約の確認など、初回起動時に必要な設定を済ませましょう。この段階でアプリが正しく動作するように設定することで、快適に利用することができます。以上が、生成AIアプリを利用するための基本的な手順です。

生成手順2: 初回起動時の基本設定

生成AIアプリを初めて起動する際には、基本設定を行う必要があります。まず、アプリをインストールしたデバイス(スマートフォンやパソコン)でアプリを起動します。初回起動時には、利用規約の同意や基本情報の入力が求められることがあります。その後、アカウントの作成やログインが必要な場合には、指示に従ってアカウントを設定します。アプリ内で利用する言語や地域設定なども初回設定で行います。これにより、アプリが利用するコンテンツや機能が適切に提供されるようになります。初回起動時の基本設定が完了したら、アプリの利用準備が整います。生成AIアプリをスムーズに活用するために、初回起動時の基本設定を丁寧に行いましょう。

生成手順3: 使い方のコツと注意点

生成AIアプリを使う際のコツと注意点について、以下に説明します。まず、使い慣れるためには、簡単なコンテンツから始めることが大切です。例えば、シンプルなイラストや短文から始め、徐々に複雑なコンテンツに挑戦していくと良いでしょう。また、生成されたコンテンツには必ず自分のアイデンティティを加えることが重要です。生成AIアプリは便利なツールですが、そのままのコンテンツを使用すると他との差別化が難しくなります。つまり、生成されたコンテンツを加工し、個性を出すことを心がけましょう。さらに、コンテンツの出典やライセンスにも十分に注意しましょう。生成AIアプリを使用したコンテンツの利用条件や制限について、十分な理解が必要です。これらのコツと注意点を踏まえながら、生成AIアプリを上手に活用しましょう。

生成AIアプリでできるその他のこと

生成AIアプリを使うと、文章や写真の自動生成以外にもさまざまなことが可能です。
まず、SNS用の投稿コンテンツ作成が簡単に行えます。キャッチーなタイトルや魅力的なキャプションを自動生成する機能があるので、SNSマーケティングにも活用できます。
また、プレゼンテーション用のスライド作成も手間なく行えます。自動でイメージを選定し、適切なレイアウトでスライドを構築するため、プレゼン資料の作成時間を短縮できます。
さらに、ブログ記事の執筆支援にも役立ちます。関連キーワードや良質な画像を提案してくれるので、記事制作の効率化に一役買います。このように、生成AIアプリはさまざまな場面で活用価値があります。

画像から動画を生成

画像から動画を生成する機能は、生成AIアプリの中でも画期的な機能の一つです。この機能を使えば、静止画やイラストから動的な動画を簡単に作成することができます。

まず、素材となる画像を選択し、動画の長さやフレームレートなどのパラメータを設定します。その後、AIが画像を解析し、自動的に動きを生成してくれます。この機能を使えば、静的なコンテンツをより魅力的な動画に変換することが可能です。

例えば、商品の紹介動画やSNS投稿用の動画コンテンツなど、さまざまな場面で活用できます。また、イラストレーターやデザイナーは、自身の作品を動画にしてアピールすることもできます。このように、画像から動画を生成する機能は、クリエイターにとって非常に魅力的な機能となっています。さらに、動画コンテンツの需要が高まる現在において、この機能は大きな価値を持っています。

画像の加工と編集

生成AIアプリを使用すると、画像の加工と編集にも便利な機能があります。まずはじめに、自動で写真を色調補正し、フィルターを適用することができます。これにより、鮮やかな色彩や美しいトーンの写真を簡単に実現できます。

さらに、写真から不要な要素を除去する機能も備えています。例えば、背景のノイズや不要なオブジェクトを自動で除去し、スッキリとした写真に仕上げることができます。

また、写真にテキストやイラストを追加する際にも便利なツールが揃っています。自動で適切な配置やスタイリッシュなデザインを提案してくれるため、素早くクオリティの高い加工が行えます。

これらの機能を駆使することで、デザイナーやクリエイターはよりクリエイティブな作品を迅速に制作することが可能となります。

SNSへの共有方法

SNSへの共有方法について、生成AIアプリを使ったコンテンツをSNSに投稿する際には、いくつかのポイントに注意すると効果的です。まず、自動生成されたコンテンツを投稿する際には、その内容に適切なキャプションを付けることが重要です。このキャプションは、記事や写真の内容を簡潔に要約し、引き込むような表現を心がけましょう。
さらに、SNSの投稿では、タグ付けも大切です。生成AIアプリの自動生成コンテンツに関連するキーワードやテーマに合ったタグを付けることで、より多くのユーザーにアクセスしてもらえる可能性が高まります。
また、投稿のタイミングも重要です。自動生成コンテンツは、その時点でのトレンドや興味を引くトピックに関連していることが多いため、そのタイミングでの投稿を心がけると効果的です。以上のポイントを踏まえて、SNSへの自動生成コンテンツの投稿を行うことで、効果的な情報発信が可能です。

生成aiの未来と展望

生成AIの未来と展望

生成AIは今後さらなる進化が期待されています。例えば、より人間らしい表現が可能となり、より高度なクリエイティブなアウトプットが期待されます。さらに、生成AIの技術は様々な分野に応用されていくことが予想されます。デザインや広告制作のみならず、教育やメディア業界などでも大きな影響を与えることでしょう。

また、生成AIの発展により倫理的な問題も議論されることが予測されます。例えば、生成AIが人間の創造性を置き換える可能性や、誤った情報を拡散させるリスクなど、社会全体で考える必要がある問題です。

これらの課題に対応しつつ、生成AIの技術は進化し続け、私たちの生活や働き方に大きな影響を与えていくでしょう。未来の生成AIの可能性に期待と議論が広がっています。

まとめ


2024年には、ますます進化した生成AIアプリが登場することが期待されます。これらのアプリは、デザイナーやクリエイターにとって強力なツールとなります。写真や文章を入力するだけで、瞬時にオリジナルのイラストやデザインが生成され、制作作業を効率化します。クリエイティブなアイデアを素早く形にできるため、制作プロセスが大幅にスピードアップします。また、生成AIアプリは、ビジネスシーンでも活用が広がり、広告やマーケティングコンテンツの制作にも革新をもたらすことでしょう。新たなデザインの可能性を探求し、クオリティの高いコンテンツを生み出すために、ぜひこれらのアプリを活用してみてください。

資料請求バナー